コロナワクチン モデルナ1回目
スポンサーリンク

Image by Ali Raza from Pixabay

私が住むベイエリアのSanta Clara Countyでは、4月1日からコロナワクチン接種対象者が50歳以上に引き下げられ、その2週間後には16歳以上が対象になり、どんどんワクチン接種が進んでいます。私もさっそく受けてきましたよ。

実は、つい4年くらい前まで反ワクチンだったもんで、その私がこうやってワクチン解禁になって、待ってましたとばかりに受けに行くなんて感慨深いというか何というか。情報の取捨選択って大事だな。

スポンサーリンク

予約がなかなか取れないと思っていたら

50歳以上が対象になったと聞いて、さあ予約を取ろうと思ったら全然空いてない!ドラッグストアが便利だから、CVSやWalgreenで空きをチェックしたけど、このエリアはFull Booked。

数日その状況が続いたので、Twitterで呟いたら「お昼くらいにカウンティのサイトをチェックしたら空いていた」と教えてくださった方がいたので、翌日のお昼ごろにチェックしてみたら何とたくさん空きがあった!

ドラッグストアは依然としてFull Bookedだったけど、病院がやっている接種場所は向こう3日間の予約枠が空きまくり。チェックする時間帯でこんなに違うとは。

金曜日は仕事が忙しくないのと、もし副反応が起こったとしても翌日休みだから安心かなと思って、金曜日の午後に予約を取りました。

スポンサーリンク

所要時間は40分

行ったらすぐに接種できるのかと思ったら、入り口の外で少し待って予約確認→登録の順番待ち→登録(保険カードの内容の確認とかでここが一番時間がかかった)→ワクチン接種→接種後観察15分で、着いてから出るまでに40分くらいかかった。ドラッグストアだともっと短いんじゃなかろうか。

登録待ちのときに、今日はファイザーかモデルナだけど、自分で選ぶことはできないことを告げられました。

ワクチン接種自体は注射のチクッとした痛みくらいで特に問題なく終了。

でも、直後から接種したほうの左手の指先にピリピリしたような感覚があって、腕も少しだるい感じが。

observation area

観察室はこんな感じ。使用していない広いオフィスビルをワクチン会場にしたみたいで、登録手続きをした部屋もやたらと広くてガランとしていた。この広い観察室に私含めて3組しかいなかったので、この椅子のほとんどが使われることなく終わりそう。てか、予約枠あたりの人数は決まってるわけだから、そもそもこんなに椅子並べんでも。

15分経過して名前を呼ばれて、特に変わった症状はないかと聞かれたので、指先の軽い痺れのことを伝えたけど、ワクチン接種後の一般的な症状なので問題ないとのこと。希望すればドクターを呼ぶと言われたけど大丈夫と断りました。

そして、最後に2回目の予約をして、カードを受け取って終了。

スポンサーリンク

副反応ありました

自宅に戻ってから2時間ほど仕事をしたんだけど(まだ在宅勤務)、なんとなく体がだるい、少し寒気がする、ちょっと熱っぽい、というような風邪の引き始めのような症状あり。でも、気のせいかもしれない。副反応の話とか聞いてるから、そう感じるだけかも…とか思ってたけど、やっぱり気のせいではなかった。

まずは、腕の痛み。最初は腕を上げたら痛い程度だったのが、何もしなくても痛くなってきて、寝るころには「あ~腕が痛いよ~」とうめいてました。そして、夜中に痛みで何度か目が覚めた。なんだろう、酷い打ち身みたいな感じかな。何もしなくても疼くし、ちょっとでも動かすと「イタタタタタタ」ってなって、すぐそこにあるものを取るのも一苦労。

翌朝、寝不足で遅くまで寝ていて目が覚めたときは腕は痛かったけど、体のほうは大丈夫だった。でも、また少し寒気がし始め、体温を測ってみたら37度。平熱が36.3~5度くらいなので、いわゆる微熱というやつ。それでも、この時点では「まあ、平熱が37度くらいの人もいるわけだから」と気を取り直し、副反応に抵抗していたのだけど、お昼過ぎに37.3度になったときは、あ、これは副反応だなと諦めました。

微熱がありながらも「これは副反応であって、ウィルスが体内にいるわけではないから大丈夫」なんて思って、食パン焼いたり、チーズケーキ焼いたりしていたものの、さすがにしんどくなってダウン。最終的には37.6度まで上がりました。夕方ソファで数時間寝ていたら少し汗をかいてきたから「あ、熱が下がるな」と思ってからが早かった。あっという間に平熱に戻ってました。

Twitterで副反応で熱が出た人にけっこう共通しているのが、熱は出たけど一日で下がったというもの。ワクチンの副反応ってこういうものなんでしょうね。病気で熱が出るのとは明らかに違うのがわかる。

これも副反応?

熱が出た以外に、咳も出始めたのはさすがに気のせいかと思ったけど、移民ビザを取るときに日本でワクチンを受けた後にも咳が出たと別ブログに書いていたので、まったく関係がないわけでもなさそう。でも、たぶん一般的な症状ではなくて、個人の体質によるものだと思われる。

あとは、3日間くらいお酒が美味しくなかった。なんだろう、飲んだ後にちょっと気分が悪くなるというか、酔いやすくなるというか。いつもとちょっと違う感じはありました(じゃあ、飲まなきゃいいのにw)

Twitterで繋がっている在米の方々が続々とワクチンを打って、経過を報告しているのでとても参考になるのですが、副反応の有無や程度は本当に人によってそれぞれ。ファイザーのほうが副反応が軽いのでは?という意見もあるけど、やっぱり人によるんじゃないかな。

ただ傾向としては、1回目は大丈夫で2回目で副反応が出るというパターンは多いみたい。私は違ったけども。1回目で副反応が出た人は2回目は大丈夫だった、というパターンもあるようなので、それに期待だな。

これから受ける人へ

副反応があるかどうかは受けてみないとわからないので、もし可能であれば、1回目も2回目も翌日が休みとか、急に体調が悪くなっても影響のない日にしておいた方がいいと思う。

それと、家族で受ける場合は、なるべく日にちをずらしたほうがいいかと。一緒に済ませたほうが楽ではあるけど、全員に酷い副反応が出た場合は大変だから。

副反応があると聞くとビビる人もいるかもしれないけど、つらい時間は長くは続かないので、事前の心の準備と日程調整と食べ物の準備があれば大丈夫。

私も2回目がどうなるかわからないので、準備だけは万全にして臨みたいと思います。

 

スポンサーリンク
未分類の関連記事
  • コロナワクチン モデルナ1回目
  • aromatherapy
    アロマセラピーをスピリチュアルな視点で学べるおすすめ本
おすすめの記事
軟禁生活でパン作りに目覚める
Baking
ブログを放置している間に世界の状況は新型コロナウイルスで一変。この軟禁生活の最大の恩恵はパン作りに目覚めたこと?...