「サイコだけど大丈夫」でキム・スヒョン沼にハマる
スポンサーリンク

 

ほぼすべての人にとって大きな変化が起こったであろう2020年。まだ3ヶ月あるので、振り返るにはちょっと早いけど、私に起こった最大の変化は間違いなくこれであろう。

世間から何周回か遅れで訪れた韓国ドラマブームとキム・スヒョン。家に籠るようになって、なんとなく観てみたドラマがすべての始まりだった。

スポンサーリンク

まったく興味がなかった韓流ドラマ

私の年代の韓流ドラマと言えば「冬のソナタ」。日本で放送されたのが2003~2004年ということは、私は当時30代半ばだったんだな~。当時冬ソナにハマっていたのは、40~50代の既婚女性というイメージがあるから、まだ微妙に若かったし、独身で恋愛にどっぷり漬かっていた時期でもあった。しかも、純愛というものには縁も興味もなかったから、まったく興味が持てなかったんですよ。

Licensed by KBS Media Ltd. (C) KBS. All rights reserved

あとは、ヨン様ブームを巻き起こしたペ・ヨンジュンがまったくタイプではなかったというのもある。

なので、中高年女性がなぜそこまで韓流ドラマにはまって、何度も韓国に足を運んだり、イベントでキャーキャー盛り上がったりするのかが理解できず、ちょっと小ばかにしたような冷めた目で眺めてましたね。

今となってはごめんなさいですよ。自分がその年齢になって、あるいはその立場になって初めてわかることってあるよね。

スポンサーリンク

きっかけはツイッター

映画「パラサイト」が面白くて、韓国のエンタメに興味が沸いていたところに、「愛の不時着」をおすすめするツイートを何件か見かけたことで、ちょっとドラマも観てみようかと思ったのが韓ドラにハマったきっかけですかね。

でも、そこで素直に「愛の不時着」は観なかった。なぜかというと、タイトルが苦手だったから。なんでもかんでも「愛の~」ってつけるんじゃねぇ!と。最初はまたもや邦題の悪しき慣習かと思っていたら、原題「사랑의 불시착」の直訳なのね(汗)

そんな中、「愛の不時着」おすすめツイートに紛れるようにちらっと見かけたのが「サイコだけど大丈夫」。確か、海外在住の方のツイートだったと思うので、英語のタイトル「It's Okay to Not Be Okay」でツイートされてたはず。

コ・ムニョン(ソ・イェジ)、お美しい。Netflixの簡単なあらすじと予告編だけだとストーリーがよくわからないけど、ビジュアルに惹かれてとりあえず観てみようと観始めたら、思わぬ沼が待っていた。

スポンサーリンク

この俳優さん、誰!?

「サイコだけど大丈夫」は、辛い人生の中、夢も希望も持てず、愛を拒否する精神病棟の保護士ムン・ガンテと、愛や人の温もりを知らずに生きてきた反社会的性格の人気童話作家コ・ムニョンが、お互いの傷や弱さと向き合いながら癒されていくラブストーリー。

私にとって初めての韓国ドラマだったので、独特の映像美とかキャラクターとか衣装とか、童話の使われ方とか、いろんなことが衝撃的だった。後で知ったのだけど、韓国ドラマの中でもちょっと異色の作品だったみたい。

そして、なにより目を奪われたのが、主役のお二人。何!?この美男美女!!

慌てて調べて、初めて知ったキム・スヒョンという俳優の存在。私が知らなかっただけで、韓国のみならず、アジアで超人気の俳優さんだった。またも衝撃。

Goldmedalist Instagram

スヒョン沼にハマる

最初は、「サイコだけど大丈夫」のムン・ガンテ役としてのキム・スヒョンに惹かれたのだと思う。なんせ初めてのキム・スヒョンのドラマだし、独特のストーリーとソ・イェジとの完璧なケミストリーも手伝って、ムン・ガンテ=キム・スヒョンみたいな錯覚に陥ったよね。

だけど、観れば観るほど演技も上手いし、他の作品ではどんな役を演じたんだろうと興味が沸いて、少しずつ観始めたら完全にスヒョン沼にハマってました。

若いのに演じる役が幅広いし、どの役とは言わないけど、とても同一人物とは思えないものも(笑)

そして、沼をさらに深くしたのが、「サイコだけど大丈夫」のBTS とかインタビュー。こんなに素敵なのに…

超天然!!!

発言やリアクションが独特で面白いんですよ、この方。見た目とのギャップがたまらん。ホロスコープを見ると、太陽・月・水星が水瓶座なので、あ~なるほどな~と。(ちなみに、うちの夫も太陽水瓶座←え?聞いてない?)

キム・スヒョンの存在をもっと早く知りたかった!と思う反面、初めて知ったのが、彼が話題作に続けて出演していた20代半ばの頃だったとしたら、果たして今と同様の魅力を感じていただろうかとも思う。自分が同年代とか30代前半とかならアリだと思うけど、40代前半だったからな。しかも、まだ独身&ドロドロの恋愛で苦しんでたときだから、韓国ドラマの世界にハマる余裕はなかったと思うわ。

過去の出演作を観まくる

初めて「サイコだけど大丈夫」を観たのが7月31日。最終回直前の週末に1話から14話までを一気に観たんだった。その後、約2か月半でこれだけの出演作を観るという快挙。

◆ドラマ
・ドリームハイ(全16話)
・太陽を抱く月(全20話)
・星から来たあなた(全21話)
・愛の不時着のカメオ出演

◆映画
・10人の泥棒たち
・シークレット・ミッション
・リアル

ドラマでは、まだ「プロデューサー」を観てないな。

アメリカ在住で、韓国ドラマや映画を観るのはけっこう大変。「星から来たあなた」「シークレット・ミッション」「リアル」は、オンラインで観れないから日本のアマゾンでブルーレイディスクを購入。私のPCにはドライブが内蔵されてないから、外付けドライブを買って、ブルーレイを観るためのソフトをダウンロードして、と我ながら必死(笑)

キム・スヒョンを一躍有名にした「ドリームハイ」が2011年。当時23歳、可愛いよね~。息子の成長を見守る母親のような心境で作品を追いながら、現在32歳の彼を見ると、やはり大人の男性の色気が感じられるなと。

男も女もぐっと魅力を増すのは30を過ぎてからだもんね。これから、キム・スヒョンがどんな風に年齢を重ねていくのか楽しみだわ。

しばらく「サイコだけど大丈夫」の世界に浸っていたけど、そろそろ新たなキム・スヒョンも観たいなと思い始めてきた。でも、ソ・イェジとのこれ以上はないくらいの完璧なビジュアルとケミストリーの後で、相手役になる女優さんは大変そう。どうしても比べちゃいそうだもんな。

当面は、Instagramの更新を楽しみに過ごします。

キム・スヒョン(김수현 / Kim Soo Hyun)Instagram
所属事務所 GOLDMEDALIST 골드메달리스트 Instagram

 

スポンサーリンク
キム・スヒョンの関連記事
  • 「サイコだけど大丈夫」でキム・スヒョン沼にハマる
おすすめの記事
新たなブームはキノコ栽培!?
おすすめ商品
またまたツイッターに影響されて新たな楽しみを発見してしまいました。 それはキノコ栽培。 再生ネギとかハーブとかよく目にするのですが(←すでに...